水漏れ修理が必要なケース

家庭において水漏れが発生しても、多くのケースでは初期対応が問題なかったために被害を最小限で済ませることができています。しかし、初期対応を間違ってしまうと被害の拡大も考えられるため、注意が必要です。水漏れ被害は拡大してしまえば、それだけ水浸しになる場所も増えていきます。漏れ出る水が増えれば床下まで水が浸透してしまい、最悪の場合にはその場所の床を張り替えないといけない状態になることもあります。そのため、初期対応を間違えないようにしなくてはいけません。

■業者に連絡すべきかを即断

自宅において水漏れを発見した際、この事態はプロに修理を依頼するべきケースなのか、それとも自分でどうにかできるケースなのかを即断しましょう。
様々なケースがある水漏れトラブルですが、そのほとんどは自分では対応ができないレベルのものです。そのため、基本的には水道修理のプロに依頼しておくのが無難ですが、状況によっては自分で対応できるケースもあります。
だからこそ、業者に依頼すべきかどうかを真っ先に判断しましょう。ここで時間をかけると被害拡大の要因ともなりますので、即断即決が重要です。

■迷ったらまずは業者に相談を

そうは言ってもこれまでに水漏れトラブルを経験したことがない人からすれば、直面した事態に対して業者に依頼するべき内容なのかどうか迷ってしまうはずです。もしも迷うことがあれば、そのときは臆することなく業者に相談しましょう。
業者によっては電話口で応急処置を教えてくれたり、サイトにおいて対応方法を解説してくれている場合があります。そのため、そこで話した上で自分でどうにかできるということもあります。さらに、プロに依頼するべき案件ということであれば、すぐさまスタッフが駆けつけてくれますので、問題なく修理に向けて前に歩むことが可能となります。



■まとめ
水漏れの事態に際しては基本的にプロに依頼するべきです。しかし、その決断をおこなうのは自分自身ですから、目の前の事態を見ながら見極め、正しい判断をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ